コンテンツへスキップ

【!】皆さまからのご質問にお答えします
【ランキング内でどう馬名を見つければ良いの?】の返答はコチラ
【LINE限定予想も公開!友だち募集中】
友だち追加

日本ダービーの枠順が出揃いました。編集部ヤマシロです。

現在ダービージョッキーの称号を手にしているのは、
武豊騎手、M・デムーロ騎手、四位洋文騎手、横山典弘騎手
岩田康誠騎手、内田博幸騎手、池添謙一騎手、川田将雅騎手
上記8名でございます。

今年また新しくダービージョッキーが誕生するのか!?
はたまた、上記8名がそれを阻むのか。見どころの一つかと思います。

本日枠順発表がございました。
18頭の命運がかかった枠番はコチラ
1495701887472

1番人気も想像されたアドミラブルが大外に入りました。
ダービーの大外は近年不調傾向で、01年のジャングルポケットまで遡る事になります。
更に青葉賞組は勝ちがない事も、今では有名な話。
立ちはだかる、過去のデータを打破する事が出来るでしょうか。

白帽が定位置になりつつある武豊騎手率いるダンビュライトは1枠1番。
先行しそうな、マイスタイルクリンチャーも内目の枠に入り、展開がどうなるか、予想の肝となりそうです。

皐月賞を制したアルアインは4枠7番。こちらも過去10年で勝ちがない枠ですが、2着3回、3着2回と複勝率はやや高め。

レイデオロカデナといった人気上位の差し馬も外目の枠に入り、吉と出るか凶と出るか…。

明日(金曜日)は東京は雨予報。
断続的に雨が降る予定で土曜日は雨の影響が多少出そうです。
その影響から馬場がどれほど荒れて、日曜に影響するかも注意を払う必要がありそうです。

『競馬成駿』では、そういった天候や馬場の変化にも対応し、”より新鮮”な情報を基に、予想を公開。
チーム競馬JAPANが誇る俊英予想家がギリギリまで考えぬいた見解を出しております。

ひと味違った競馬新聞。
是非ともお試し頂ければと思います。

閲覧はコチラから!


成駿のDNAを受け継ぐ予想家が集結!
『日本一、遅い競馬新聞』の◎◯▲は
最強のWEB競馬新聞
▼日本ダービーを無料公開!!▼

【日本ダービーの無料公開はココをクリック!】
今すぐの参加で、週末の最終結論が無料で見れます!


競馬JAPAN・柴田卓哉の美浦追い切りレポート

お待たせいたしました!関東馬の調教ジャッジを公開している柴田卓哉の最新追い切りレポートはこのあとすぐ!

専門紙「1馬」時代から今もなおトレセンに通い詰め、調教スタンドでストップウォッチを握りながら、シビアに追いきりの善し悪しをジャッジ。見落としがちな好調教馬を続々とピックアップしていきます! 執筆陣プロフィールはコチラ⇒

レポート前半を見るにはここをクリック!


日曜の他では国枝厩舎に注目。9Rの※(A)●●●●●●は現級入りして2戦目。阪神では制御不能に陥っての5着で能力が反映されない結果。十分に間隔を開けた今回は適度な落ち着きが見受けられるし、段階を追ってレベルUPした過程に好感が持てるのだ。何せ、前走時はプール中心で2本のみ。だからこそ、ガス抜きができていない上に長距離輸送さえ。対して、1週前に長目追い敢行で直前は単走、それも5Fの入りが15秒台と常識にかかった道中から目論見通りのラストで鋭さ満点。距離短縮も後押し

8Rはケイブルグラム。ダートで結果を残してきたように、一見するとパワーに優った体つき。けれども、細部に目を移すと後肢の入りが少々浅いフォームなのだ。つまり、体質の弱さ故の歩みがこれまでというころで、当カテゴリーでは底を見せていない。現に、ロジチャリスを相手にした6F追いでは半馬身先着。確かに、4馬身先行した利はあったものの、安田記念に向けて余念のないOPを凌いだのだからリフレッシュ効果◎どころか、急成長と断じても良いぐらい。良馬場なら負けられない

土曜の特別では10Rのムーンクエイク。ハロー明け、レイデオロの直後に4頭併せで併入。先月の阪神以来となるが、流麗な体のラインで外厩での調整が進んでいることを実感させての美浦入り。5F追いは直前の1本のみだが、無駄肉はなく捌きもシャープ。何より、テンションが上がっていない点には好感が持てる。ここには、昨春に先着を許したアムネスティのエントリーがある。けれども、当時は去勢前で不安定だった精神面を抱えていたし、その相手の良化度はスロー。成長した姿を見せつける

最後に2歳戦。平場の500万下から土曜5Rの※(B)●●●●●●。阪神に遠征した2月は伸び足りずに4着だったが、デビュー時のようにハナを切る形でなくても大崩れがなかった。初物尽くしの状況だった上に、メンバーの質が高い中だったから価値◎。リフレッシュした今回の最終追いでは一瞬のうちに相手を1秒も突き放すハイパフォーマンスを披露。先週の長目追いでラスト1F14秒台だったことを思えば格段に良化。目論見通りの仕上げだし、休養前よりバランスが良くなった印象。一息入れた効果は絶大

日曜5Rは初ダートのナイルストーリー。胸前が逞しいパワー型で木曜の追い切りではウムブルフのパートナーに抜擢されたほどだから、期待のほどが分かる。先行併入の4F54秒8と目立たぬ時計だったが、どうしても頭が高くなる走りで力強い後肢の蹴りが前に伝わっていない。つまり、芝での瞬発力勝負に劣るのは当たり前。路線変換で新たな引き出しが見つかる

皐月賞出走馬に関してはレポート前半を見るにはここをクリック!


美浦所属馬をジャッジ!
最終追い切り注目馬をチェック

紹介文で馬名を公開中!
いち早く情報をゲットだ!
美浦の追い切りレポート注目馬はここからチェック!
▼▼▼▼▼▼
【最強競馬ブログランキング内にて】
※(A)●●●●●●はコチラ!!▼
【現在8位前後】ランキングから
「バリアゲ↑↑養成所」を見つけよう


競馬ブログランキングへ

【人気ブログランキング内にて】
※(B)●●●●●●はコチラ!!▼
【現在59位前後】ランキングから
「バリアゲ↑↑養成所」を見つけよう