コンテンツへスキップ

【!】皆さまからのご質問にお答えします
【ランキング内でどう馬名を見つければ良いの?】の返答はコチラ
【LINE限定予想も公開!友だち募集中】
友だち追加

本日皐月賞の枠順が発表になります。編集部ヤマシロです。

その前に、前走を基に、各馬の脚質をおさらいしておきましょう

■逃げ
マイスタイル

■先行
アダムバローズ
アメリカズカップ
アルアイン
クリンチャー
トラスト
ファンディーナ
プラチナヴォイス

■差し
アウトライアーズ
ウインブライト
カデナ
キングズラッシュ
スワーヴリチャード
ダンビュライト
ペルシアンナイト

■追込
コマノインパルス
サトノアレス
レイデオロ
※各脚質内の序列は名前順で掲載しておりますので、ポジションの前後ではありません。

大方、このような形だと思います。さて注目はファンディーナでしょう。
先行する馬はこの馬のポジション次第でマークが変わってくると思いますが、おそらくかなり軽快なラップでレースが進む事が予想されます。
差し・追い込み勢はその速いラップにどう対応するかに焦点があたるかと思います。

ある程度付いていかなければ、差し届かずとなりますし、そうすれば、脚が溜まらず直線を迎えてしまう事になります。
この判断が難しいところ。

特に注目の藤沢和厩舎の2頭がともに追い込み馬という事で、かなり作戦が難しくなるでしょう。
レイデオロはぶっつけ本番という事でレースについて行けるかはカギになりそうです。
それぞれの馬がどの枠に入るかによってポジションも決まってくるかと思います。
枠順発表は14時すぎ。注目です!!

皐月賞出走馬を含めた「柴田卓哉の美浦追い切りレポート」は下記と競馬JAPANのホームページで公開中!!
調教内容はもちろんのこと、追い切り内容も詳しく解説!!
馬券検討に必須の状態確認に是非お役立て下さい!

閲覧はコチラから!


成駿のDNAを受け継ぐ予想家が集結!
『日本一、遅い競馬新聞』の◎◯▲は
最強のWEB競馬新聞
▼皐月賞を無料公開!!▼

【皐月賞の無料公開はココをクリック!】
今すぐの参加で、週末、皐月賞の最終結論が無料で見れます!


競馬JAPAN・柴田卓哉の美浦追い切りレポート

お待たせいたしました!関東馬の調教ジャッジを公開している柴田卓哉の最新追い切りレポートはこのあとすぐ!

専門紙「1馬」時代から今もなおトレセンに通い詰め、調教スタンドでストップウォッチを握りながら、シビアに追いきりの善し悪しをジャッジ。見落としがちな好調教馬を続々とピックアップしていきます! 執筆陣プロフィールはコチラ⇒

レポート前半を見るにはここをクリック!


再び中山へ目を移す。日曜の春雷SはOPのスプリント戦。今回が初距離となる※(A)●●●●●●が人気。確かに、道中でセーブしなければならない気苦労からは解放される。また、ビッシリ追った直前はF66秒4で上がりに至っては38秒を切るほど。調教駆けするタイプと承知はしていても目を奪われる動きでデキ万全。しかし、1200での追走となると負担がかかるかもしれないし、サウスポーという本質も気懸かり。

ここは、昇級初戦になるキングハートを指名。2月以来となるが馬を緩めた雰囲気は微塵もない。それほど引き締まった体で帰厩したのだ。更に、スプリンターにありがちなパワーに偏った走りだったのが以前。しかし、ここにきて切れが出てきた。実に速い回転がその証しで最終追いなどはパートナーをラスト1Fだけで1秒置き去りにする鋭さ。ここ4走、ピンポイントとは言えぬ1400でも確実にステップUPと急激に力をつけた。今なら中山の坂など気にならぬ。

中山の土曜はJGⅠがメインでオジュウチョウサン以外には◎の選択肢がないから、直前の1600万下(下総S)にスポットを当てる。頭打ちといった面々の中、異彩を放っているのがスウィフトレイド。昇級戦の前走はシュタルケが大事に乗り過ぎた感。結果、前を楽させた分、伸び切れなかった。4F56秒4のしまい重点はレース間隔が詰まったことからも織り込み済み。むしろ、鞍上が促すと即トップスピードに移れた辺りに叩いての上積みが表れている

もう1頭挙げるならドラゴンキングダム。こちらも前走が一息入っての実戦。スタートからレースに参加するシーンがなかったのはそれ故。最後尾から2頭を抜き去ってのフィニッシュで5F67秒2を叩き出せたのは、馬が覚醒した証しとなる。なるほど、伸び伸びとしたフォームだけではなく全身に力を漲らせての躍動に終始。レースを引っ張る意欲を持てば粘り込みも十分にあり得る

2週目を迎える福島は福島民報杯がメイン。ハンデ戦に替ったことで難解度を高くなったようにも思えるが、※(B)●●●●●●の存在がそういった下馬評を覆す。56.5キロということなら昨秋の福島記念6着があるし、上手くしまいを生かす形をマスターした結果が前走のGⅢ3着。それ以来となるが、ここ目標といった点がダイレクトに伝わる過程。それはイスラボニータを相手にした併せ馬があることからも分かる。最終追いこそ5F70秒を超える時計だったが、一杯になる3歳OPを尻目に余裕綽々。もう速い時計は必要のないほど仕上がっているわけだ。当レース連覇に向けての視界は良好。

最後は福島・日曜12Rの奥の細道特別。人気は現級脱出にリーチがかかっているステイブラビッシモ。当コースは1戦1勝だけに落とせないレースとなるが、中1週で上昇度ということになると疑問。勿論、ウッド5F71秒を超える時計でも軽快な動きで調子は維持できている。納得のメニューでもあるが自分から動くと甘くなる点で人気には逆らってみる。

ファータグリーンが面白い。昇級戦の2月・府中ではあえなく退いたが、当時はトモが薄い印象で本物ではなかった。冬場にも関わらずの-2キロ、得意とは言えない府中ということもあって軽ハンデを生かせなかった。今回は定量戦だが、軽く流したように見えた最終追いでは5F68秒1~ラスト12秒8。1週前に併せ馬でビッシリ追った効果が覿面だということ。良質な筋肉を纏って弾むようなフットワークなのだ。元々、ローカル専科と捉えて良い特性。天気が崩れれば心強い材料がもう一つ加わる。

皐月賞出走馬に関してはレポート前半を見るにはここをクリック!


推奨馬、続々と好走中!
金になる騎手を事前リサーチ!
紹介文で馬名を公開中!いち早く情報をゲットだ!
東西注目ジョッキーはここからチェック!
▼▼▼▼▼▼

【最強競馬ブログランキング内にて】
※(A)●●●●●●はコチラ!!▼
【現在7位前後】ランキングから「バリアゲ↑↑養成所」を見つけよう


競馬ブログランキングへ

【人気ブログランキング内にて】
※(B)●●●●●●はコチラ!!▼
【現在48位前後】ランキングから「バリアゲ↑↑養成所」を見つけよう