コンテンツへスキップ

【!】皆さまからのご質問にお答えします
【ランキング内でどう馬名を見つければ良いの?】の返答はコチラ
【LINE限定予想も公開!友だち募集中】
友だち追加

桜花賞の枠順が決定しました。編集部ヤマシロです。

しかし、近年は阪神1600mで見れば大きな枠の差はありません。
逆にいうならば、ある程度実力通りに決まりやすいとも言えます。
とはいえ、外枠に入ったソウルスターリングアドマイヤミヤビにとって決してプラスではないでしょう。

ノーザンF産が8頭、社台F産が4頭出走いたします。

大舞台で派手兄弟喧嘩といったところでしょうか。
お互いに有力馬を揃え、競い合う形ですね。
そこに割って入る他の生産馬。1枠2番に入ったライジングリーズンはフェアリーSの覇者。週末は雨予報という事もあり、他の馬より優位にレースが進められそうです。

阪神JF3着のレーヌミノル。前走は早く抜け出した形になってしまい、重賞戴冠とはいきませんでしたが、能力をフルに発揮していない事を考えると、まだまだ軽視は出来ません。

生産界にとっても、クラシック制覇というのは一大事。
今後の命運を担っていると言っても過言ではありません。

発走は日曜15時40分。
競馬JAPANではweb新聞「競馬成駿」を無料公開予定!!
レース当日の12時30分ごろに公開となりますので、是非皆様の馬券検討にお役立て下さい!


成駿のDNAを受け継ぐ予想家が集結!
『日本一、遅い競馬新聞』の◎◯▲は
最強のWEB競馬新聞
▼『競馬成駿』4/9(日)版発行▼

【今すぐ競馬JAPANへGO!!】
今週末は「桜花賞」を無料公開予定!!その他コンテンツも是非ご利用下さい!


競馬JAPAN・柴田卓哉の美浦追い切りレポート

お待たせいたしました!関東馬の調教ジャッジを公開している柴田卓哉の最新追い切りレポートはこのあとすぐ!

専門紙「1馬」時代から今もなおトレセンに通い詰め、調教スタンドでストップウォッチを握りながら、シビアに追いきりの善し悪しをジャッジ。見落としがちな好調教馬を続々とピックアップしていきます! 執筆陣プロフィールはコチラ⇒

レポート前半を見るにはここをクリック!


中山の特別戦で自信の鞍は日曜・隅田川特別。ここは※(A)●●●●●で仕方ない。暮れから勢いを得たのだから、前開催の鎌ヶ谷特別で現級突破を図っても不思議なかった。が、そこを見送ってリフレッシュ。その効果が覿面に表れている稽古なのだ。特に、外ラチ沿いを選んだ直前には、痺れるような手応えのままフィニッシュ。シャープな脚捌きでの5F66秒6で切れに切れている。たとえ今回で準OPに上がっても即通用と思わせる本格化ぶり

相手にはキャプテンペリーで体に力が漲ってきた。6F追いながら内にもぐり込んだ直線でも余裕のある動きで1F12秒7。去勢で常識にかかった調教をこなせるようになったのは、前回時の当欄で指摘した通り。叩いたことによって最後の踏ん張りが利く筈だ。

あとは2歳戦。土曜7Rのリトルグレイスはひと皮剥けた印象。何せ、追い切りでは古馬OPを追走して併入。脚色こそ劣ったが、ワンランクUPさせた稽古をこなせたことが大きな収穫。前走時計を詰めるのは容易い。

今週からスタートする3週間だけの福島からは土曜2Rを。ユウギリジョウは間隔を開けて急上昇。馬場の2分処だったとはいえ、5F65秒5で古馬1000万下に1馬身先着。好時計もあるが追い比べで優ったのは、シッカリと調教を詰めた過程が下地にもなっているから。綺麗なフォームで走る反面、ダートでは踏ん張りが利かない。というより、休養を挟んだここ2走は見切り発車。芝、ローカル、状態面と三拍子揃った今回こそ買い

初出走では土曜3Rの※(B)●●●●●。Dコースの併せ馬では再三にわたって力強い動きを披露。バテない強味を発揮できる条件と手薄なメンバーに入れば。日曜5Rのウインドフォールは、数字の大きいゼッケン番号が示す通り入厩が遅れたが、バランスの取れた好馬体にセンス溢れる身のこなし。直前はしまい重点ながらシャープな動きで目論見通り。また、大きく追走しながら相手を圧倒した先週の内容が凄い。レース経験の有無を問うているレベルではない


推奨馬、続々と好走中!
金になる騎手を事前リサーチ!
紹介文で馬名を公開中!いち早く情報をゲットだ!
東西注目ジョッキーはここからチェック!
▼▼▼▼▼▼

【最強競馬ブログランキング内にて】
※(A)●●●●●●はコチラ!!▼
【現在5位前後】ランキングから「バリアゲ↑↑養成所」を見つけよう


競馬ブログランキングへ

【人気ブログランキング内にて】
※(B)●●●●●●はコチラ!!▼
【現在47位前後】ランキングから「バリアゲ↑↑養成所」を見つけよう