コンテンツへスキップ

【!】皆さまからのご質問にお答えします
【ランキング内でどう馬名を見つければ良いの?】の返答はコチラ
【LINE限定予想も公開!友だち募集中】
友だち追加

ソウルスターリングの強さに感服です。編集部ヤマシロです。

 

終始大人びたレース内容。何も困らせる点も不安もない。
それに対して、圧倒的人気の一角リスグラシューは後味が悪い結果。着順だけ見れば3着ですが、直線入ってからの反応も良くなく、伸びあぐねた印象。
桜花賞はソウルスターリングの一本被りが予想されますね。

そうなるとニューヒロインに期待したいところ。
ファンディーナや、朝日杯FS4着のミスエルテとは勝負付がついていないだけに、思わぬ強敵現るとなるのか。牝馬戦線は盛り上がりを見せています。

さて、明日は牡馬のクラシックを占う1戦の弥生賞。(牝馬出ていないからですが笑)
1番人気が予想されたブレスジャーニーが調整遅れで辞退。
京成杯勝ちのコマノインパルスに人気が集まると思いきや、前日段階では2勝馬ダイワキャグニーが1番人気ですね!!

とはいえ、チューリップ賞とは真逆のオッズといった印象。まだまだ混戦ムードの牡馬戦線で、抜け出しを図るのはどの馬かっ!!
いざ、刮目せよ!


成駿のDNAを受け継ぐ予想家が集結!
『日本一、遅い競馬新聞』の◎◯▲は
最強のWEB競馬新聞
▼『競馬成駿』3/5(日)版発行▼

【今すぐ見るにはココをクリック!】
今すぐの参加で、注目レースの最終結論が無料で見れます!


【POGマスター・3歳戦青田買い】

この後は競馬JAPANの中でも“2歳戦・3歳戦”のみを攻め続ける異色の一人・山田乗男の「3歳戦青田買い」をブログ公開!山田氏は多方面でPOGコラムを執筆中で、その影響で馬券作戦も若駒に特化。

今夜は勿論、弥生賞の予想を披露致します!!果たしてPOGマスターの指名する◎本命馬はどの馬か!?馬名はブログランキング内で公開中です!


【中山11R 弥生賞(G2)】
(芝2000m 15:45発走)

◎グローブシアター
※(A)●●●●●●●●
カデナ
※(B)●●●●●●●●
コマノインパルス
ベストアプローチ

ダンビュライト

未だ核となる馬がみつからない3歳牡馬戦線。おかげで例年クラシック候補が顔を見せる弥生賞も、賞金を持っている実績上位馬はどこか迫力不足。ならば皐月賞出走の賞金を持っていない馬が、勝負度合の差で馬券になる。

そこで狙うはグローブシアターだ。母がシーザリオ、兄にエピファネイア、リオンディーズとGⅠウイナーが連なる良血馬で、新馬戦も期待通りに快勝。2着以下の馬が不調で低レベル戦のように評されているが、時計を見ると好内容に違いなく、相手云々で低評価となる一戦ではない。2戦目のホープフルSも外をまわっての3着。さすがに勝ったレイデオロより上とは言わないが、内々を回って2着のマイネルスフェーンよりは内容で上回っており、改めて評価できる一戦だった。

その後は500万の身ながら条件戦を使わず、オープン馬のように1、2月を休養にあて、王道の弥生賞から復帰。このあたりにも、当馬に対する陣営の高い評価が見える。日曜、水曜とCWでしっかり時計を出し、馬体を考慮した前走とは仕上がりも雲泥の差だ。

さすがに兄2頭の同時期に比べると見劣るものの、そのぶん折り合い難が無く、操縦性で上回るのは強み。世代レベルが低い今年は、兄ほどの能力が無くても十分通用する。

相手筆頭は※(A)●●●●●●●●。2連勝ともに派手さはないが、前走は先へ行って33秒4の上がりでフィニッシュしたように、単純に先行してなだれ込む馬ではない。うまく折り合いさえつけば、皐月賞出走切符獲得は難しくない。

カデナは本番仕様と見て3番手にしたが、能力は当然上位。勝った京都2歳Sよりも、不利があってアドマイヤミヤビの少差2着に入った500万百日草特別を評価したい。

一発あるなら※(B)●●●●●●●●。除外&熱発で新馬戦は必ずしも好調ではなく、堀厩舎では異例の坂路仕上げで出走。それでも難なく勝ち上がったのだから能力は高い。今回はウッドで追われ、終いに素晴らしい伸びを見せ、フォームも抜群だった。将来が楽しみな一頭で、今年の弥生賞レベルならキャリア一戦でいきなり上位に食い込んでも不思議ない。

馬連
3-※(A)(30%)
3-※(B)(20%)
3-11(20%)

1-3(10%)
3-4(10%)
3-7(10%)


推奨馬、続々と好走中!
POGを知り尽くした男の本命馬は
【人気ブログランキング内にて】

【現在50位前後】ランキングから「バリアゲ↑↑養成所」を見つけよう
紹介文に馬名が書いてあるぞ