コンテンツへスキップ

【!】皆さまからのご質問にお答えします
【ランキング内でどう馬名を見つければ良いの?】の返答はコチラ
【LINE限定予想も公開!友だち募集中】
友だち追加

みなさんこんばんは。編集部スズハラです。
昨日は根岸Sを考察しましたが、今日は日曜京都のメイン・シルクロードSを考えていきたいと思います。それではまず、過去5年の馬券内15頭を見ていきましょう。
2017y01m26d_103700558
5年連続で二桁人気が馬券に絡んでいますね。1着こそありませんが、3連複の平均配当は24690円と高く、ヒモ荒れが多い重賞ということがわかると思います。そして、2番人気が現在4連勝中と今年も注意が必要です。

4歳馬の勝利は12年1着のロードカナロアだけ。この馬に関してはここを勝った後に世界的な活躍をするわけで、例外的な存在とカウントして良いのではないでしょうか。馬券の中心は5~6歳馬。人気になりそうなセイウンコウセイソルヴェイグブランボヌールの4歳3騎は果たしてジンクスを払拭することができるのでしょうか?

ハンデ戦だけに、斤量も重要なファクター。勝ち馬に関しては牡馬で57キロ以上、牝馬が勝利した14、15年も牡馬に換算すると57、57.5キロになるわけですから、むしろ重めの斤量を背負った実績馬が良いのかもしれません。

前走に関しては、直近の淀短距離S組が強いです。連対馬は過去5年、毎年馬券に絡んでいますから、今年もセイウンコウセイセカンドテーブルのどちらかが馬券に絡む確率は高そうに思えます。

以上のことを踏まえて、私が軸にオススメしたいのがネロです。近年優勢な6歳馬で、京阪杯1着からの参戦となりますが、気性的に間隔が開いても大丈夫なタイプ。ここは軸に最適でしょう。

淀短距離S組からは2着のセカンドテーブルを抜擢します。連対馬は毎年好走していますし、近走は好位からの競馬が板について、安定味が出てきました。セイウンコウセイも悪くはないですが、中3週で再び関西への輸送ということが気になったので、セカンドを上位としました。

穴馬として買いたいのが※(A)●●●●●●●。淀短距離Sでは4角最後方、大外へのコース取りで、あの位置からではさすがに届かない。それでも最後まで上がり最速で伸び続けていましたし、末脚は発揮できていたように思えます。今回は前走のような入りの3Fが34秒台ということはないはず。このレース自体、4角2桁位置から穴馬が突っ込んでくることも多々ありますから、人気が無いなら押さえておきたい1頭です。
%e3%83%92%e3%83%ab%e3%83%8e%e3%83%87%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%ad%e3%83%bc

編集部期待の穴馬(左)激走なるか!?
写真提供・競馬ラボ


競馬JAPAN・柴田卓哉の美浦追い切りレポート

お待たせいたしました!関東馬の調教ジャッジを公開している柴田卓哉の最新追い切りレポートはこのあとすぐ!

専門紙「1馬」TM時代から今もなおトレセンに通い詰め、調教スタンドでストップウォッチを握りながら、シビアに追いきりの善し悪しをジャッジ。見落としがちな好調教馬を続々とピックアップしていきます! 執筆陣プロフィールはコチラ⇒

レポート前半を見るにはここをクリック!


………2開催目を迎える京都メインでも重きを置きたいのが明け4歳で、唯一西下するのがセイウンコウセイ。トントン拍子でOPにまで昇りつめたのがこのコースということで相性が良いのは確かだが、それだけではない。

バランス良く筋肉が盛り上がっていて如何にも完成間近のスプリンターといった風情。特に、逃げ馬を潰してまだ余裕のあった淀短距離Sは圧巻で、斤量据え置きとなる形での55キロも有利。輸送を挟んでの中3週だけに、ウッドは直前の1本だけだが、4F過ぎてからの加速には目を瞠るばかり。弾力性のある身のこなしで楽々と上がり37秒1をマークできたのだから、その充実ぶりは顕著。

昨夏の実績を持ち出せば、同世代の牝馬に譲るような気もするが、ソルヴェイグとの1キロ差なら逆転可能。むしろ、軽量ブランボヌールの方が手強そう。あくまでも輸送克服が条件になるが…。これらに、連覇を狙うダンスDを絡める方向で。

季節的にダートの番組が多くなるのは仕方ない。土曜9Rは質の高い準OP戦。ここはイーグルフェザーから。昇級初戦だった11月以来の実戦になるが、ビシビシ追われて緩めた気配は微塵もない。元々、驚くような時計で追い切る馬ではないから、直前で5F68秒5を叩き出せば十分。測ったような併入で、まだ伸びる印象でのフィニッシュ。自らハミを取ってのフォームは久々を感じさせぬし、そもそも紛れの多いコーナー4回を避けてのローテーションだから目論見通りの過程と言えよう。

面白いのが※(B)●●●●●●●。ノド手術明けの2戦は振るわないが、以前と違って前捌きが硬くなっているわけで、今となっては度外視して良い条件を使ったということ。単走ながら丹念な乗り込みで中間はウッド中心。調教パターンを変えたこと自体を評価すべき。また、5F70秒を超える追い切りでは力感が籠ったフォーム。着実な良化が窺えるし、菊沢厩舎に関しては時計を気にする必要なし。

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3

柴田卓哉の追い切り特注馬(左)、ダートで巻き返し狙う!
写真提供・競馬ラボ

1000万下では日曜8Rのサンホッブス。2度目のハロー明けに単走で5F71秒1。メイン出走のベストMの組に追い抜かれる形でのゴールだったが、月曜競馬だった前走からは中1週に満たない間隔でメニューとしては十分。それよりも四肢の運びがスムーズになったことがしまいのひと伸びに繋がったと実感させる身のこなし、明らかにひと皮剥けた。層の薄いカテゴリーだけに、昇級初戦は全く気にならぬ。

3歳戦からは1勝クラスの土曜7R。能力的に抜けた存在なのがバスカヴィル。確かに、3頭併せだった追い切りでは最後尾で入線と印象は良くない。唯、稽古駆けしないのはデビュー当初からで、その攻め馬にしても最先着は調教だけなら走る古馬1600万下だったし、時計的には外の3歳を0秒6上回った。太目を感じぬ造り、直前にビッシリ追えたことをプラスに捉えるべき。

相手は2頭。スマートエレメンツは軽目を丹念に乗られての臨戦で、これは厩舎の方針。とはいえ、はち切れんばかりの体で状態面は充実。ここ2走はコーナーワークがネックになっての凡走だけに、シンプルな設定でパワーがモノを言う府中に替れば見直せる。

リヴェルディはデビュー戦以来となるが、むしろ稽古の質をUPさせての臨戦。最終追いこそ控え目だったが、古馬相手に追走しながら脚色を窺う余裕。しかも、どこまでも弾けそうなラスト12秒8であった。集中力を保ったままのフィニッシュで、少々荒削りだった前走を経験して精神面、走りが洗練されてきた。1分39秒8だった前走時計は大幅に詰まる筈。

最後に土曜3Rの新馬戦から。木村厩舎の※(C)●●●●●●●のスケールは大きい。勿論、仕上げに余裕のある段階だが、古馬1000万下を鮮やかに抜き去っての1F12秒2が凄い。しかも、首を上手く使ったフォーム、少々促した程度でも一気に重心が沈んでくるという、ギアチェンジぶりが非凡さ。全体から発するパワーも並みの3歳と違う。直線の長い府中マイルで追っての味を存分に生かす。


当ブログへのご声援ありがとうございます!

【人気ブログランキング内にて】
成駿の右腕・柴田卓哉の追い切り特注馬はここからチェック!

【現在28位前後】「バリアゲ↑↑養成所」を見つけよう
紹介文で馬名を公開中!いち早く情報をゲットだ!