コンテンツへスキップ

いつもご声援ありがとうございます!
連日耳寄りな情報が盛りだくさん!
フレッシュなネタはウチでつかめ!

【人気ブログランキング内にて】

【現在39位前後】ランキングから「バリアゲ↑↑養成所」を見つけよう

みなさんこんばんは。編集部スズハラです。

中山大障害、オジュウチョウサンは強かったですね~。同一年にJ・G1連覇は99年にジャンプグレード制が始まって以来、初の快挙となりました。私が推したサンレイデュークは4着。もう少し前目のポジションをとって行けたなら、もっと3着と際どい競馬ができたように思えますが……。

ちなみに、馬券は手を広げると逆に痛い目を見そうだったので(配当的に)オジュウチョウサンとのワイド1点だけ買っていました。サンレイデュークには来年の中山グランドジャンプで取り返させてもらいましょう(引退しているかもしれないですけど…)。

さて、土曜の阪神メインはG2・阪神カップ。例年、G2の中でも特に好メンバーの揃う一戦ですが、今年はマイルCSを勝ったばかりのミッキーアイルが参戦。前日20時過ぎで2.6倍の1番人気に支持されていますね。ここも逃げ切りに期待がかかるところですが、実をいうと、阪神Cは逃げ馬の成績がそこまで良くないんですよ。

~阪神カップ過去10年・脚質別成績~
2016y12m23d_202429144

過去10年で逃げ切ったのは13年のリアルインパクトのみ。で、この年は逃げたリアルが1着、2番手追走のガルボが2着と前残りになったのですが、テンの3Fが35秒0と過去10年で一番遅かったんですよね。昨年も4角11番手からダンスディレクターが2着に突っ込んできましたし、09年・11年など追い込み馬が上位独占のレースもありましたので、基本的には『差し有利』の感覚で良いと思います。

今回もエイシンスパルタン、シュウジあたりがある程度ミッキーアイルに競りかけるでしょうし、ペースはそこそこ流れそうなので、後方待機組に注目。

じゃあ、どの馬がいいの??となるでしょう、そうでしょう。そんな私がオススメするのは…③ロサギガンティアです!

去年の勝ち馬ですが、阪神C自体リピーター性があるレース。09~10年のキンシャサノキセキ、11~12年のサンカルロ、13~14年のリアルインパクトが連覇しているように、創設されて11年と比較的新しいレースですが、ここまで同じ馬が連続して好走するのも珍しいですよね。

そして、どの馬も2回目の勝利が1番人気でないのが一つのカギだと思うのです。近走、何かしらの理由があって負けていた馬が、得意の阪神芝1400に戻って巻き返す、そんなシーンが度々見られてきたレースなんですね。

ロサギガンティアもここ3走は馬券外に敗れていますが、出遅れ→新潟外回りで謎の逃げ→出遅れて引っ掛かる、とまともに競馬出来ていないんですよね。鉄砲が利くタイプですし、今週の追い切りでは抑えるのに苦労するような行きっぷりを見せていましたから、状態に不安はないでしょう。前年の勝ち馬が復活するところを何度も見てきただけに、この馬も直線一気の末脚で久々の勝利を挙げてもらいたいものです!


【POGマスター・2歳戦青田買い】

この後は競馬JAPANの中でも“2歳戦・3歳戦”のみを攻め続ける異色の一人・山田乗男の「2歳戦青田買い」をブログ公開!山田氏は多方面でPOGコラムを執筆中で、その影響で馬券作戦も若駒に特化。

阪神JFはソウルスターリング、リスグラシューの2頭を1・2着にガッチリ固定で絞りに絞っての予想でしたが、今回は予想難儀な2歳短距離ダート戦をチョイスしてくれた!それではどうぞ!


いつもご声援ありがとうございます!
山田乗男の2歳戦青田買い!
【人気ブログランキング内にて】

↑コメント欄に名前が書いてあるぞ↑
【現在39位前後】ランキングから「バリアゲ↑↑養成所」を見つけよう


【中山9R 冬桜賞】
(ダート1200m 14:15発走)

※●●●●●●●(A)
〇⑭ポッドジーニー
▲⑯ハルクンノテソーロ
☆⑨バリンジャー
△⑩ディオスコリダー
△⑮アポロミッション
△⑧テンザワールド

【出馬表・オッズはこちら】

かなりの混戦模様で難しいが、安定感のある※●●●●●●●(A)を軸に取りたい。2走前のオキザリス賞は、後に交流GⅠ全日本2歳優駿で2着するシゲルコングを相手に0・1秒差の4着。

そして前走の500万では、スタート直後に前が狭くなり、直線でも不利を喰らうなど不運が続いたが、それでも3着に入線している。スムーズな競馬ができれば、今度こそ勝機だ。

その※●●●●●●●(A)に前走で先着したポッドジーニーが相手。初めてのダートにもすんなり対応し、勝ちに行っての2着だから内容は濃い。ダート2戦目で更なる慣れを見込め、前走以上に走れる。

以降も差なく続く。ハルクンノテソーロは一度だけダート戦を使っているが、そのレースで後の重賞連対馬シゲルコング、ハングリーベンを完封している。久々だが、調教内容から仕上がりは良さそうだ。

バリンジャーは半兄がダート交流重賞を勝っているメテオロロジスト。芝ではもう一押しが効かないが、初めてのダートで変身もある。

馬連
※●(A)-14(30%)
※●(A)-9 ※●(A)-16(各20%)
※●(A)-8 ※●(A)-10 ※●(A)-15(各10%)

3連単
[1着] ※●(A)
[2着] 8.9.10.14.15.16
[3着] 8.9.10.14.15.16

[1着] 8.9.10.14.15.16
[2着] ※●(A)
[3着] 8.9.10.14.15.16
(フォーメーション60点)

いつもご声援ありがとうございます!
山田乗男の2歳戦青田買い!
【人気ブログランキング内にて】

↑コメント欄に名前が書いてあるぞ↑
【現在39位前後】ランキングから「バリアゲ↑↑養成所」を見つけよう