コンテンツへスキップ

【!】皆さまからのご質問にお答えします
【ランキング内でどう馬名を見つければ良いの?】の返答はコチラ
【LINE限定予想も公開!友だち募集中】
友だち追加

阪神のダートは午前中差し馬場でしたが、
午後には稍重発表とはいえ前の競馬でしたね。編集部ヤマシロです。

この馬場状態が、明日はどのように変化するか気を配らねばなりません。

さて、昨日お話したように、編集部ヤマシロの独断と偏見によるベルモントSの予想を行いたと思います。

馬券発売は土曜日19:30から。
発走は日本時間11日7時37分です!

レースが行われるベルモントパーク競馬場はちょうど1周が約2400m。
スタンド前発走で、直線でポジション形成をして1コーナーへ向かいます。
なので、比較的内から順に先行争いをする形。
前で競馬をするエピカリスにとっては、あまり理想の枠とは言えなさそうです。
とはいえ、パサパサの良馬場の場合は、砂の舞い方激しいベルモントパーク競馬場という事を考えれば、砂の被りを少なく進める事が出来るのはプラスに働きそうです。

※まず、前提として、どろんこ馬場で行われたケンタッキーダービーの馬柱は
真っ黒にした状態で予想を行いましたので、予めご了承下さい。

では、気を取り直して。
先行争いですが、9番ゲートに入ったミーンタイムがハナを主張するとは思いますが、同じ先行馬のツイステッドトムが最内枠の利を活かしてそれに対抗する形。ミーンタイムの内に入ったアイリッシュウォークライは抜群のスタートセンスで先行する事を考えれば、ポジションが落ち着くまでには時間を要する見込み。
多少ペースは流れる事を予想します。

最終コーナー手前から、各馬動き出す傾向から、ある程度キレを保持する馬に向いたレース。昨年、本レースを制したクリエイターもスペースが空くのを待って突き抜けました。

出走馬中、後方から直線勝負が想像されるのはルッキンアットリー。ここまでケンタッキーダービーとプリークネスSどちらにも参戦。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、米三冠はかなり厳しいローテ。

そして今回は中2週で行われます。3歳馬にとっては過酷で、どちらかのレースを制した馬でなければ、ベルモントSで馬券になった事はないというデータもあります。

スタートがあまり上手ではないタップリット。近走は後方からの競馬となっていますが、好位抜け出しで粘り込みが本来のベストパフォーマンスの印象。こちらは、プリークネスSは回避。今年3月に行われたタンパベイダービー(G2)を制しておりますが、今回が今年5戦目。2走前のブルーグラスSでは早々と競馬をやめている辺りが気になります。

全馬紹介しているとスペースが足りないので、さっそく本命へ。

⑧シニアインベストメント

この馬に決めました。雰囲気としてはラニに似た感じで、エンジンのかかりが遅いタイプ。ゆっくりもっさりグングン伸びてくるという表現が正しいように感じるのですが、わかりますでしょうか。
前走のプリークネスSでは、最後方からの競馬。人気2頭が引っ張る競馬で、互いが主張するわけではなく、牽制し合うレース。1番人気のオールウェイズドリーミングが結果的に垂れて、2頭を見ながら競馬したクラウドコンピューティングが制した形。

直線ではしんがりながら、一歩ずつ迫っての3着ならば悲観する内容ではありません。戦歴からも遅咲きタイプで。2走前の4月に重賞初制覇。その時は中1週で結果を出して見せました。1戦毎にパフォーマンスを挙げている点を評価したいと思います。

ある程度流れてくれる事を想定で、対抗はエピカリス
能力的には正直アッサリまであると思っています。ただ、中間の炎症の影響に不安もあります。ルメール騎手も2400mは絶対大丈夫と言っているので、距離は問題ないでしょう。

3番手はゴームリーを指名しました。理想としては4、5番手の競馬。アイリッシュウォークライを見る形で抜け出すのがいいのでは?と考えております。
ただ、出遅れだけが心配であまり強気にはなれませんでした。

以上のことを踏まえて、

◎⑧シニアインベストメント
○⑪エピカリス
▲③ゴームリー
★⑦アイリッシュウォークライ
△⑫パッチ
△②タップリット
△⑩マルチプレイヤー

上記の印で勝負したいと思います。
3連単は、
[1着]8.11
[2着]8.11.3.7
[3着]8.11.3.7.12.2.10
(フォーメーション 30点)

辺りが点数的にも良いのではないでしょうか。
参考にして頂ければ幸いでございます。

閲覧はコチラから!


成駿のDNAを受け継ぐ予想家が集結!
『日本一、遅い競馬新聞』の◎◯▲は
最強のWEB競馬新聞
▼エプソムCを無料公開!!▼

【エプソムCの無料公開はココをクリック!】
今すぐの参加で、週末の最終結論が無料で見れます!


【POGマスター・2歳戦青田買い】

この後は競馬JAPANの中でも“2歳戦・3歳戦”のみを攻め続ける異色の一人・山田乗男の「2歳戦青田買い」をブログ公開!山田氏は多方面でPOGコラムを執筆中で、その影響で馬券作戦も若駒に特化。

POGマスターこと山田乗男氏が、
能力比較が難しい初出走馬の狙い所をレクチャー!
メインレースに向けての資金をここでゲットだ!

気になる予想は↓↓この後すぐ!!


【東京5R 2歳新馬】
(芝1800m 12:30発走)

※(A)●●●●●●
※(B)●●●●●●
▲⑨コスモイグナーツ
☆①ジュンエスポワール
△⑦ロジャージーニアス
△③ノーザンクリス
△⑫ビビッドプルメージ

前世代が新馬戦で8勝。今世代も既に2頭がデビューし、先週のサトノオンリーワン、前日のレピアーウィットがともに2着している堀厩舎。この厩舎を無視して新馬戦を買うのは厳しい。ここに出走してきた※(A)●●●●●●は、父がディープインパクト、母がアパパネと両親ともに3冠馬という良血。当初はゲート試験のみで放牧と思われたが、早くもデビューということは、それだけ馬ができている証拠。しかも先週時点では1400m戦デビューいう話が、今週になって1800m戦に変更。このあたりにも同馬に対する期待感が窺える。内が悪くなり、外差しが決まりだした東京の芝コースも、この馬には合いそうな雰囲気だ。

2番手は関西馬の※(B)●●●●●●。中竹厩舎のパターンで坂路の全体時計は目立たないが、上がり12秒台を連発し動きは上々。陣営も「勝たねばならないレース」と力が入っている。

調教が目立つのはコスモイグナーツ。先週はウッドで66秒台。今週は長めからやって6F83秒台と、かなり仕上げてきており、勝負度合は他馬以上に感じる。

ジュンエスポワールは、栗東坂路で50秒8-12秒5の猛時計。森厩舎の好時計は珍しくないが、さすがにこれは速い。半兄ステラウインドはオープン馬、半姉スマートルビーは7戦3勝の素質馬。この馬も将来性は高い。

[馬連]
(A)(B)(30%)
(A)-9(20%)
1-(A)(20%)

(A)-7(10%)
3-(A)(10%)
(A)-12(10%)

 [3連単]
[1着](A)
[相手](B).9.1.7.3.12
(1着固定流し 30点)

[1着](B).9.1.7.3.12
[2着](A)
[3着](B).9.1.7.3.12
(フォーメーション 30点)


推奨馬、続々と好走中!
POGを知り尽くした男の本命馬は
紹介文で馬名を公開中!
いち早く情報をゲットだ!
山田乗男の2、3歳青田買い特注馬はここからチェック!

【最強競馬ブログランキング内にて】
※(A)●●●●●●はコチラ!!▼
【現在9位前後】ランキングから
「バリアゲ↑↑養成所」を見つけよう


競馬ブログランキングへ

【人気ブログランキング内にて】
※(B)●●●●●●はコチラ!!▼
【現在59位前後】ランキングから
「バリアゲ↑↑養成所」を見つけよう