【!】皆さまからのご質問にお答えします
【ランキング内でどう馬名を見つければ良いの?】の返答はコチラ
【LINE限定予想も公開!友だち募集中】
友だち追加

GIシーズンは遅れを取れば命取り。編集部ヤマシロです。

怒涛のGIラッシュが続きますね!
今週は、今年からGIに昇格した大阪杯が行われます!!
初代チャンピオンを目指し、GI馬、年度代表馬と豪華な顔ぶれ。
上位はなかなか拮抗したオッズになるのではないかと想像されますが、そんな中是非皆様の馬券検討にお役立て頂きたいのが、

競馬JAPAN公式LINE@

先週の高松宮記念では、web新聞「競馬成駿」に掲載している外厩トレーニング情報の中から3頭をピックアップ!
その中でも紹介したセイウンコウセイが見事にGI初制覇を決めました!

%e5%b7%a64

このようにオトクな情報を入手可能!!
取得は公式LINE@をお友だち登録するだけ!!
まだお済みでない方は、今すぐページ勝負の緑のボタン、お友だち登録をクリックして、週末の馬券検討に備えよう!


競馬JAPAN・柴田卓哉の美浦追い切りレポート

お待たせいたしました!関東馬の調教ジャッジを公開している柴田卓哉の最新追い切りレポートはこのあとすぐ!

専門紙「1馬」時代から今もなおトレセンに通い詰め、調教スタンドでストップウォッチを握りながら、シビアに追いきりの善し悪しをジャッジ。見落としがちな好調教馬を続々とピックアップしていきます! 執筆陣プロフィールはコチラ⇒

レポート前半を見るにはここをクリック!


中山の他では土曜の山吹賞。関西馬グローブシアターに支持が集まるが、どうも軽い芝オンリーといったタイプだけに更に距離が延びることによって危険度は増す。同じようにここ2走のGⅢから自己条件に戻るアサギリジョーの上位は必至。共同通信杯にしても出遅れが全てだし、年明けからの攻め強化ぶりは特筆できる。が、追って頭が高くなる走法で距離に限界があるのでは。

それならば※(A)●●●●●●。共同通信杯で振るわなかったという共通点はあるが、こちらは府中が初体験。パワーに頼りがちな走りで上がりの速い決着に持ち込まれては分が悪くなって当然。これには自身の体が絞り切れていないこともあった。だからこそ、この中間で稽古の質を大幅にUPさせてそれに応える動きを強調したいのだ。古馬1000万下より過酷なメニューで同時入線だったのが1週前までで、極めつけは最後の3頭併せ。直線では間を割って測ったような抜け出しとパーフェクトなフィニッシュ。体の線がシャープになってこれまでとは別馬と見紛うばかり。勿論、中山外回りというタフな設定でより個性が生きる。

同じ3歳の特別でも日曜10RはダートのOP。ここはリゾネーター。年明け以来となるが、入念な乗り込みで仕上がり◎。というより、四肢にパワーの籠った身のこなしで成長著しいとさえ。何せ、1週前はディアデルレイを含めた3頭併せ。最終追いでも5Fから厳しいラップを刻みながらも馬なりで5F67秒1という高密度。それも坂路を1本上ってからで、その研鑚ぶりが凄い。ブリンカー着用後には2戦2勝。今なら、デビュー戦で置き去りにされたエピカリスが相手でもヒケを取らないのでは。

最後に新馬戦が番組から消えて2週目を迎える未勝利を。遅れてきた大物の登場があるからだ。それは※(B)●●●●●●(土曜5R)。立ち姿からして品があってモノが違うと実感。品評会といったレベルにとどまらないのは、調教で能力を如何なく発揮しているから。感触を確かめる程度だった水曜の4F55秒9は気にしなくて良い。それよりも、サトノクラウンのパートナーを務めたこと自体が驚き。先週こそ3馬身遅れだったが、6Fの行き出しから途中で極端にペースを緩めるインターバルにも似た調教を課せられたのだ。にも関わらず、直線半ばまでは併入するかも、と思わせたのだから凄い。

ここで本線にするのは同じく初出走。直前は坂路で目の当たりにできなかったが、それまでのウッドでは奥行きを十分に感じさせたハルカノテソーロ。全体に力の籠った走りに加え、スパートの合図と同時にストライドが伸びる。センスなしではあり得ない走り。少々重心が低い分、2000は長い気もするが、精神的にもタフな様子で辛抱できる下地はある。

 


当ブログへのご声援ありがとうございます!

【最強競馬ブログランキング内にて】
成駿の右腕・柴田卓哉の追い切り特注馬はここからチェック!

競馬ブログランキングへ
【現在49位前後】「バリアゲ↑↑養成所」を見つけよう
紹介文で馬名を公開中!いち早く情報をゲットだ!